学生の短期バイトで早く溶け込む方法2選!

共通の話題を持ちかけよう

短期バイトとはいえ、バイト先の雰囲気に溶け込むことでやりがいを感じることができます。どんなバイト先も人間関係は大事であり、人間関係を築くことで要領よく仕事を覚えることもできます。

ほとんどは一人だけで黙々と働かずに誰かと一緒に働きます。特に短期バイトに人気のある飲食店は同じ学生が多く、お互いの大学や専門学校の話で盛り上がることができます。短期バイトの良いところは後腐れない人間関係を築くことができ、お互いの悪いところを知らずに別れることができるという点です。そのため普段から中の良い友達には相談しづらいことも気軽に相談でき、ストレス解消にもつながるでしょう。

バイトを辞めた後も友達関係を続けたいのなら連絡を取り合うこともできますし、次の長い休みに一緒に短期バイトをするのもいいでしょう。

店長とよく会話をする

これは人見知りの方でもすぐ溶け込める方法です。店長はバイトの人間関係をよく見ており、ワンマン経営でない限り、雰囲気を大事にする傾向にあります。特に短期バイトで人気のある店舗の店長は、バイトと積極的に話すことで店舗にいいイメージを持ってもらうよう努力します。

あなたがもし人見知りで同期とうまく会話ができないなら、思い切って店長に話しかけてみましょう。内容は仕事内容の事から日常の事まで何でもいいです。ある程度話せるようになったら人見知りの事を話してみるといいでしょう。場の雰囲気を大事にする店長なら同期と話しやすくする雰囲気を作ってもらえますし、店長からあなたに積極的に話しかけてくれるようになるかもしれません。

話すことは大事です。短期バイトで楽しい思い出を作ってみましょう。

主に夏や冬などリゾート地のレジャー施設でのアルバイトをさします。リゾートバイトは夏ですと海、冬ですとスキー場などが多く、長期の休みで短期集中して稼げます。