保育士になるルートには、どんなものがあるの?

保育士養成校を卒業するルート

保育士として勤務するために必要な保育士資格を取得するには、大きく分けて2つのルートがあります。一つは、保育士を養成する学校、つまり保育士養成校を卒業することです。保育士養成校には、専門学校・短期大学・四年制大学などの種類がありますが、どの学校も保育士養成課程として定められた内容を取得して卒業すれば、必ず保育士資格を得ることができます。このルートの場合、保育士試験を受験する必要はありません。ただし、高等学校の保育コースや保育科だけでは、保育士資格を取得することはできません。

保育士試験に合格するルート

もう一つは、国が実施している保育士試験を受験するルートです。この試験に合格すれば、保育士養成校を卒業していなくても資格を取得できます。ただし、保育士試験を受験できるのは、中学校または高等学校を卒業後に所定の期間、児童福祉施設で保育の仕事を経験した人、高等専門学校・短期大学を卒業した人、大学に2年以上在籍して所定の単位を取得した人と定められています。

早く現場に出るか、幅広く学ぶか

かつては保育士養成校の半分以上が短期大学でしたが、ここ十数年で保育士養成課程を学べる大学が増加し、現在は短期大学よりも大学のほうが多くなっています。保育士資格を得るために履修しなければならない科目はどの学校も同じですが、2~3年で卒業する専門学校や短期大学のほうが早く仕事に就くことができる一方で、大学では幅広い知識を学べることから、将来の仕事の選択肢が広がるという側面があります。

保育士の求人を大阪で探したい場合は保育業界に特化した転職サイトを使いましょう!給料から福利厚生といった条件まで幅広く探せます。