普通の賃貸とどこが違う!マンスリーマンションの特徴について

一時的な生活拠点が欲しい時にピッタリ

自宅の増改築や親族の介護等で数か月だけ生活の本拠を移す、といった経験は決して珍しいものではありませんが、こうした場合、通常はアパートや賃貸マンションなどを一時的に利用します。
ただ、こうした賃貸住宅は社会通念上、長期の入居を前提としていることから、短期間のみ利用した場合はいろいろと不都合が生じることがあります。
たとえば多くの賃貸住宅では入居時に家賃の1~2か月分の礼金を支払いますが、短期の契約だからといって礼金を割り引いてくれるというケースはまずありません。同様に、仲介手数料も通常は入居期間の長短に関係なく同じ額を支払わなければなりません。
そんな中、こうした不都合の解決手段になるとして人気を呼んでいるのが、マンスリーマンションです。マンスリーマンションは、その名の通り月単位で利用できるマンションです。

転居にかかる費用も節約できる

マンスリーマンションは賃貸住宅でありながら長期滞在のホテルのような感覚で利用できるマンションで、多くの物件では敷金・礼金のいずれも不要となっています。さらに物件オーナーが直接入居者を募集するのが一般的なため、仲介手数料も不要というところが少なくありません。
また、短期利用を想定していることから、マンスリーマンションには生活に必要な家具や家電、食器やハンガーといった日用品などが住戸に備え付けになっている物件が多いという特徴もあります。そのため、冒頭に挙げた利用目的の他に、たとえば単身赴任期間中の生活拠点として活用するのにも適しています。ひとり暮らし用に生活必需品を新たに買いそろえる必要がなく、引越しの荷物も減らせるため、気軽にかつ経済的に新生活を始めることができます。

マンスリーマンションとは、月単位で契約する賃貸物件です。1年以上借りる物件に比べて一ヶ月あたりの家賃は高いですが、短期間のみ借りたい場合には便利な物件になります。