介護の仕事は未経験者でも雇ってくれるところがたくさんある!

介護の仕事を始める際に知っておきたいこと

介護士が必要とされている現場には、老人ホームや病院、訪問介護など様々なところがありますが、自分の年齢や実務経験などに合うところを探すことが大切です。特に、介護士としての経験が浅い人が夜勤や早番などの不規則な勤務が多い職場に勤める場合には、仕事に慣れるまでに時間が掛かることがあります。そこで、一通りの介護の技術を習得できるまでは、日勤の時間帯が中心の職場で経験を積むことがおすすめです。最近では、介護士から生活相談員やケアマネジャーなどの職種にキャリアチェンジを目指す人も増えています。そこで、将来的に長く介護業界で活躍したい場合には、働きながら資格試験の勉強ができるところや、優秀なスタッフが多いところを職場に選ぶことがおすすめです。

介護の仕事に必要な資格について

介護の仕事に必要な資格には、ホームヘルパーや介護福祉士、ケアマネジャーなどがありますが、勤務先の方針や職種などによって求められる資格の種類が異なります。例えば、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの24時間体制の入所施設においては、介護福祉士をはじめとする専門性の高い資格を持つスタッフが重宝される傾向が見られます。また、人手不足の状況にある規模の大きな施設の中には、資格がない人であっても採用してくれるところが少なくなく、働きながら資格取得に励むこともできます。なお、介護に関する資格の中には、試験を受験するために実務経験や学歴などが必要となるものもあり、早めに正しい知識を得ることが大切です。

どこかの地域で介護の仕事をしたいなら 、介護の求人を東京で探せば気に入った条件の仕事が見つかりやすいです。